膝の痛み.com〜変形性関節症の治療〜

sponsored link

   第三者広告配信について
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

















sponsored link




変形性関節症の治療は、程度によって差はありますが基本的には理学療法と薬物療法と外科療法の3つがメインとなっています。

理学療法では、温度の調節で刺激を与えて運動力や抵抗力のアップを期待する温熱療法と、適度な運動による筋力アップや代謝機能を高める運動療法があります。

薬物療法では炎症を抑える為の薬を使います。軟膏などの塗り薬や冷・熱シップなどの貼り薬
以外にも、座薬や内服薬もあります。塗り薬や貼り薬は、副作用もなく患部にのみ作用できる便利の良いものではあっても、効力が弱く効き目が出ない場合も多々ある。座薬や内服薬は効果も高く効き目も長いのですが、逆に副作用や便利性に欠くなど、それぞれに長所と短所を持ち合わせているので人によって使い分けます。

上記で療養していても一向に良くならなかったり悪化していくようであれば、最終的には外科療法に頼ります。骨切り術や関節鏡視下手術、人工関節置換術などがあります。

骨切り術では、骨を切って関節の矯正を行います。長期期間の入院を求められるので、体力的に厳しい人など制限があります。
関節鏡視下手術は、関節の変形が少なく半月板損傷や軟骨損傷、水が溜まるなどの症状の場合に行われます。小さな内視鏡を用いて関節部分に直接挿入し、モニターに映し出された映像を見ながらの手術になります。
人工関節置換術は、膝の変形が著しく且つ歩くのも困難な症状のひどく進んだ方に行われます。変形性関節症の該当部分を取り除き、代わりに人工関節を取り付けるものです。
効果は大きいものの副作用も大きいもので、接合部分がゆるんできたり磨耗したりして脱臼しやすくなってしまうこともあり、術後は激しい運動は出来なくなるでしょう。



⇒ 関節リウマチの治療
治療についてTOP


sponsored link



copyright©2009  膝の痛み.com〜膝痛の原因と治療〜  All Rights Reserved