膝の痛み.com〜膝の構造〜

sponsored link

   第三者広告配信について
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。














sponsored link




膝は腿と脛とをつないでいる関節部分のことを指して言います。膝は3つの大きな骨から形成されていて、大腿骨と脛骨と膝蓋骨から出来ています。大腿骨は太もも部分の大きな骨で、脛骨はスネの部分の大きな骨、膝蓋骨は「お皿」と呼ばれている骨のことです。



この3つが接触する部分には軟骨があり、衝撃を吸収するクッションのような役割をしています。大腿骨と脛骨の部分にはさらに三日月形で板状の半月板という軟骨もあり、同じく緩衝材の意味があります。

そしてこの関節は、左右両側には内側側副靭帯と外側側副靭帯の2本で左右の動き、中央裏側には前十字靭帯と後十字靭帯の2本で前後の動きに対して、安定性を保っています。

膝を曲げたり伸ばしたりするのにはそれぞれ別の筋肉が使われていて、曲げる運動では太ももの裏側にある膝屈筋という筋肉で、伸ばす運動では太ももの前面にある大腿四頭筋という筋肉で動かします。

さらに関節部分を関節包という柔軟な骨膜組織があり、関節自体を包み込むように守っています。中には滑液という液体が入っていて、潤滑油の役割と、周辺の軟骨の栄養分としての役割をしています。


このように膝は非常に複雑な構造をしているおかげで、体重を支えるという重大な役目を果たせるわけです。


膝の役割
膝についてTOP


sponsored link



copyright©2009  膝の痛み.com〜膝痛の原因と治療〜  All Rights Reserved